teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 掲示板機能のテスト(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:22/205 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

排砂放流を行う二風谷ダム(台風15号)

 投稿者:Akira  投稿日:2011年 9月22日(木)19時07分16秒
  通報 編集済
  台風15号接近により、二風谷ダムでは、最大流量約300m3/sを記録しました。
夏季の沙流川の増水としては、それほど多いものではなく、毎年2,3度
程度発生しているものです。

二風谷ダムでは、この増水とともに、21日16時ころから水位を下げ始め、
22日18時現在では、標高40.33m(有効容積量の0.8%)となっています。
最も水位が下げられたのは22日15時前後で、ほぼ最低水位レベル(標高40.0m)
だったようです(貯水量29,000m3、貯水率0.15%)。
この水位低下は、洪水発生時の貯水に備えるためではなく、増水時に水位を
下げて放流を行い、ダムの堆砂を、少しでも下流に流す目的(実質的に排砂放流)と
考えられます。

下の写真は、22日17時50分頃の二風谷ダムの様子です。ダム管理所・ダム堤体
付近より撮影。
夏季の標準的な水位よりも、1m程度貯水位が下げられているため、貯水池の
堆砂状況がよくわかります。
ダム堤体付近では、3か所で堆砂が水面上に露出。網場のネットは、
大部分が土砂の上に乗り上がっており、ネットを河床に固定するアンカーロープも、
大部分が土砂に埋まっています。この状態では、洪水調節時に網場は
水位変化に追従することができず、流木をとめる働きを果たせません。

【2011.9.22 18:00現在の二風谷ダムデータ】
貯水位40.33m ダム流入量210.99m3 ダム放流量179.96m3 貯水量150,000m3
貯水率(利水容量)11.7% 貯水率(有効容量)0.8%
 
 
》記事一覧表示

新着順:22/205 《前のページ | 次のページ》
/205