teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 掲示板機能のテスト(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:13/205 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ダム予定地のフクロウ・モニュメント

 投稿者:Akira  投稿日:2011年11月 6日(日)20時03分59秒
  通報 編集済
   平取ダム予定地の「フクロウ・モニュメント」は、しばらく撤去されていましたが、10月下旬より再び設置されています。
 フクロウと止まり木のデザインが、若干変更されました。これは、アイヌ協会平取支部からの、「もっとフクロウをリアルにしてほしい」という要望を受けての手直しということです。
 そして、止まり木の下部に、「番兵小屋跡を見ているコタンコロカムイ」と記した板が追加されました。「番兵小屋」は、対岸のチノミシリ(我ら祀る場)に対する、かつての祈りの場の一つです。新しい宿主別橋の真下、橋脚の基礎のすぐ脇にありました。「コタンコロカムイ」は、アイヌ語で「村の守り神」を意味します。

 1980年頃まで、平取ダム予定地周辺には、シマフクロウが生息していたそうです。その後の森林伐採や、ダム建設による魚の減少で、この土地では生きることができなくなったのでしょう。

◆モニュメントの設置は、平取ダム建設計画にともなうアイヌ文化環境保全策の一環と考えられますが、どのような経緯や議論があったのかは確認できません。伝統的なアイヌ文化には、「チノミシリの地にダムを建設するときは、フクロウのモニュメントを作る」という記録や伝承もないと思われ、このモニュメントが、沙流川と平取ダム地域のアイヌ文化の継承に、どのように資するものかも不明です。

※写真は10月下旬に携帯電話で撮影

◎シマフクロウの写真(wikipedia『シマフクロウ』の項より)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/4/49/Wiki-simafukurou2.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%83%95%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%A6
 
 
》記事一覧表示

新着順:13/205 《前のページ | 次のページ》
/205